近畿大学が開発した近大マスク(1個) KINDAI MASK 飛沫防止マウスシールド 新型コロナウイルス感染対策支援プロジェクト

おすすめ商品

¥ 1,100 税込

商品コード: MSKDT1


※色・サイズ等の規格を選択して下さい。
※規格が2つ以上ある場合は、上のものから順に選択して下さい。
数量

近畿大学理工学部機械工学科教授の西籔 和明らが企画立案し、文芸学部文化デザイン学科准教授の柳橋 肇がデザインを行いました。開発過程においては、医学部の感染症対策の専門家の意見を反映しながら、理工学部が開発した超高速ビデオカメラを用いたマスク内の気流の可視化実験を実施し、マスク着用時の飛沫防止効果が高いことを明らかにしました。さらに、陸上競技部の装着テストによる意見を反映し、使用感を向上させました。このように、近畿大学の複数の学部やクラブが連携し、製品化が実現しました。


近大マスクの特徴
1.優れた透明性のSBC樹脂を使用⇒表情が見える
2.飛沫を防ぐ 3D立体形状(気流の可視化実験済)
3.優れた耐久性のSBC樹脂、洗浄して切り返し使用できる
4.軽い着け心地で口元の密着をなくし、息苦しさを軽減
5.上にズラすと食事もできる
6.目は覆わないため視界が良好
7.顔全体は覆わないため熱がこもりにくい


【”オール近大”新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト】とは
世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症について、医学から芸術までの研究分野を網羅する総合大学と付属高校の力を結集し、全教職員から関連研究や支援活動の企画提案を募って実施する全学横断プロジェクトです。72件の企画提案が採択され、約1億3千万円の研究費をかけて実施しています。



【こんな方にお勧め】
接客業の方
聴覚障害者と接する方
乳幼児と接する方

【こんな時にお勧め】
ジョギングなどの運動時に
会食時に


クリアカップ部:SBC樹脂
フレーム部:PP樹脂